firstslide_basefirstslide01firstslide02

最速の移行、全てのデータ移行の違いは何ですか?

common1

クラウドや新たなプラットフォームへの移行

common2

アーカイブやストレージプラットフォームの終焉

common3

Office365やExchangeへの移行

common4

最速の移行か、全てのデータ移行か?

最速の移行、全てのデータ移行の違いは何ですか?

AOSデータ移行は、他の移行技術とは、異なる先進的な技術を提供します。第1に、データを直接APIを使って移行するということをしません。これにより、移行時間が劇的に短縮されます。第2に、移行する前に膨大なデータから、移行する必要のないデータを排除します。

既存のデータを移行前に分析することで、非常に高い投資効果を発揮します。更に、移行にデッドラインがある場合には、その期限に間に合わせることができるようになります。

場合によっては、法務部門が移行データを選別することを許諾しないこともあります。それが、2つのアーカイブ移行オプションを持つ理由となります。




AOSデータ移行が選ばれる理由

common05

APIを利用しない

データベースの破損とインデックスの問題を避けるためにAPIを利用しない


common06

1日に数テラバイト

1日に移行できるデータ量は数テラバイト

common07

必要なものだけを移行

移行前にメッセージを分析、分類して、必要なものだけを移行


common08

フォルダ構成を維持

ソースデータのフォルダ構成を維持

common09

移行を自動的に実行

単一のステップで(例えば、 Lotus NotesからMicrosoE Exchangeへの移行)、ある形式から別の形式への移行を自動的に実行し、メールボックのデータやデータベース、メールファイルからの移行を実行します。




2つのアーカイブ移行オプション

AOSデータ移行には、ライトスピードオプションと、ルーミネートオプションの2つのアーカイブ移行オプションがあります。

first01

ライトスピードオプション

最速のデータアーカイブ移行方法となります。既存のアーカイブデータからデータを抽出し、異なるファイル形式のアーカイブにデータを高速で移行します。従来からあるデータ抽出方法では、数ヶ月、または、数年かかる移行作業をわずか、数日、または、数週間で移行することができます。

first02

ルーミネートオプション

古いアーカイブのデータを移行する際に、冗長なデータや古いデータなどを排除する高度なコーポレートガバナンス技術を使用します。既存のデータをスキャンすることで、ファイルタイプ、ファイルサイズ、データ属性、重複データ、法的な調査が必要な対象者のデータ、クレジットカード情報、健康情報、個人を特定できる情報、規制されたデータを検索することが可能です。お客様が移行が必要だと判断されるデータの優先順位を付けることができます。ルーミネートオプションによる移行は、最大50%か、それ以上の移行データを減らすことができます。


platform