officeslide_baseofficeslide01officeslide02

Office 365のクラウド環境や、Microsoft Exchangeサーバーに、移行をする際の障害をさけるために

common1

クラウドや新たなプラットフォームへの移行

common2

アーカイブやストレージプラットフォームの終焉

common3

Office365やExchangeへの移行

common4

最速の移行か、全てのデータ移行か?

アーカイブデータを移行の障害にしないために

多くの組織がMicrosoft Office 365のクラウド環境に、既存のメールデータから電子メールを移行したり、社内のMicrosoft Exchangeサーバーに電子メールを結合しようとしています。移行元の電子メールは、アーカイブシステムやPSTファイルやNSFファイルなどの個別のデータベースに分散していることもあります。

旧来のアーカイブデータは、多くの場合、電子メールの移行の際の最大の技術的課題となります。迅速かつ確実に、アーカイブデータからデータを取り出すことができない限り、移行プロジェクは、期限を定めることができないか、または、移行自体が失敗する危険があります。

listarrow01

アーカイブされたデータを移行するほとんどのツールは、従来のアーカイブのアプリケーションインターフェース(API)に依存しています。

listarrow01

その結果、比較的小さなボリュームのデータを移行するにも、数カ月または、数年の時間がかかることがあります。

listarrow01

従来のアーカイブ内の破損したインデックスは、データ抽出時に、他の正常なデータを破損させる可能性があります。




AOSデータ移行が選ばれる理由

common05

APIを利用しない

データベースの破損とインデックスの問題を避けるためにAPIを利用しない


common06

1日に数テラバイト

1日に移行できるデータ量は数テラバイト

common07

必要なものだけを移行

移行前にメッセージを分析、分類して、必要なものだけを移行


common08

フォルダ構成を維持

ソースデータのフォルダ構成を維持

common09

移行を自動的に実行

単一のステップで(例えば、 Lotus NotesからMicrosoE Exchangeへの移行)、ある形式から別の形式への移行を自動的に実行し、メールボックのデータやデータベース、メールファイルからの移行を実行します。





Office365、Microsoft Exchangeに移行できる最も強力なソリューションです。

AOSデータ移行は、Office365または、Microsoft Exchangeに電子メールを移行できる最も強力で、最速で、費用対効果の高いソリューションです。高度な並列処理技術が従来のアプローチに比べて、飛躍的に移行スピードを上げることができます。

office01

Office365への移行速度を最大限に引き上げることができます

ハイパワーのNuixサーバーは、単独でも、Office365への電子メールの移行速度を最大限に引き上げることができますが、オンプレミスのExChangeサーバーに複数のNuixサーバーを使って移行作業を行えば、更に、早く、データを移行することができます。

office02

任意のソースからデータを抽出し、任意のメールボックスに格納することができます

AOSデータ移行サービスは、メールボックスやジャーナルアーカイブなど、任意のソースからデータを抽出し、Exchange webサービスのインターフェースを使用して、任意のユーザーのメールボックスやアーカイブメールボックスに格納することができます。

office03

フォルダ構成も移行します

AOSデータ移行は、移行元のフォルダ構成を移行先のメールボックスに移行します。


platform