mailslidebasemailslide01mailslide02

法廷が定める期限までにデータを検索して、分析して、提出

common1

クラウドや新たなプラットフォームへの移行

common2

アーカイブやストレージプラットフォームの終焉

common3

Office365やExchangeへの移行

common4

最速の移行か、全てのデータ移行か?

従来の分散されたデータによる電子データ証拠開示の悪夢を回避

Eメールのデータは、既存のメールシステムやアーカイブシステムに格納されたり、個人のPSTファイルやNSFファイルなどに分散されて格納されているということは、電子データの証拠開示が必要な場合には、悪夢のような状況です。

法廷が定める期限までにこのデータを検索して、分析して、提出することが不可能だということがかなりの頻度で起こります。多くのアーカイブデータは、設計された容量を超えています。その結果、検索が遅くなったり、不安定になってしまいます。

既存のアーカイブデータが正常な状態だったとしても、通常のディスカバリツールを使っていては、数年かかってしまう場合もあります。例えば、類似検索、曖昧検索、ワイルドカード、重複検索などが多くの場合、実行できません。また、データを出力するスピードもかなり遅く、使えるファイルフォーマットで出力することもできません。

データを近代的で能力の高いプラットフォームに移行することは、合理的な選択です。しかし、伝統的なアプローチやツールを使ってデータを移行するには、数ヶ月、または、数年の歳月が必要となります。

listarrow01

ほとんどの移行ツールは、既存のアーカイブからのメールデータ移行をアプリケーションプログラムインターフェース(API)を使って行います。

listarrow01

既存のアーカイブデータに格納されている破損されたインデックスは、一貫性のない検索結果を引き起こし、データを取り出す際にデータを損傷する可能性があります。
 
我々は、データを提出するまで数年も待てないと裁判所や監査官が言ってくることを知っています。AOSデータ移行は、移行市場において、最も速く、最も強力でコストパフォーマンスの良い移行ソリューションです。移行を開始したときから、ただちに、Eメールが完全に検索可能となります。




AOSデータ移行が選ばれる理由

common05

APIを利用しない

データベースの破損とインデックスの問題を避けるためにAPIを利用しない


common06

1日に数テラバイト

1日に移行できるデータ量は数テラバイト

common07

必要なものだけを移行

移行前にメッセージを分析、分類して、必要なものだけを移行


common08

フォルダ構成を維持

ソースデータのフォルダ構成を維持

common09

移行を自動的に実行

単一のステップで(例えば、 Lotus NotesからMicrosoE Exchangeへの移行)、ある形式から別の形式への移行を自動的に実行し、メールボックのデータやデータベース、メールファイルからの移行を実行します。




移行を開始したときから、ただちに、Eメールが検索可能となります。

我々は、データを提出するまで数年も待てないと裁判所や監査官が言ってくることを知っています。AOSデータ移行は、移行市場において、最も速く、最も強力でコストパフォーマンスの良い移行ソリューションです。移行を開始したときから、ただちに、Eメールが完全に検索可能となります。

mail01

移行開始時点からの検索

データのインデックスを直接作成することで、移行終了後ではなく、
移行開始時からメールを検索することが可能となります。

mail02

APIを使わない

AOSデータ移行は、データ抽出を劇的に高速化し、破損したデータの問題を解消します。

mail03

重要なデータに優先順位をつける

メールの中身が理解できるようになると、法的に保全が必要なデータや、監査役、経営者などが重要だと思うデータに印をつけることができます。


platform